薬で早期治療しよう

white pills

クラミジアに感染すると、男性なら尿道や睾丸の炎症やかゆみといった症状が起こります。
すぐに治るだろうと放っておくと、睾丸が入っている袋(陰嚢)が硬く腫れてしまったり、太ももの付け根や下腹部に痛みを感じてしまうことがあります。
歩きにくくなったり、最悪の場合は膿が溜まって袋が破れるという、考えただけでも恐ろしい症状に変わることもあるんですよ。
女性の場合は、自覚症状がある方とない方に分かれ、少しも症状を感じなかったのにクラミジアだったということもあり得るようです。
クラミジアにおける感染のサインとして、おりものの色やにおいの変化、下腹部の痛みといった症状を感じることがあります。
痛みの原因は子宮、直腸、膀胱が炎症しているためで、もしも子宮頚管に炎症が起こってしまうと、治療した後も後遺症として流産しやすくなったり子宮外妊娠、不妊症を引き起こしてしまうこともありますので要注意です。
もしもクラミジアに感染してしまったら、治療薬のジスロマックとクラビットを使用しましょう。
どちらも抗生物質なのですが、ジスロマックは細菌の合成を阻害して増殖することを防いでくれるもので、クラビットは細菌の遺伝子情報の複製を防ぎ、細胞を殺す働きをしてくれるものです。
どちらを使用してもクラミジアには抜群の効果がありますが、病院に行くと医師が体に合っている薬を処方してくれるのでその指示に従って治療を開始すれば、すぐに元の健康な体へ戻ることができるはずですよ。