セックスで感染する

drug

性感染症の中でも、自覚症状が出にくいために最も恐ろしいと言われているクラミジア。
その原因のほとんどがセックスによるものです。
セックスをすると必ず性感染症になるというわけではなく、避妊をせずにそのままセックスをしてしまうことで、クラミジアのような性感染症のリスクを高めてしまいます。
男性と女性のセックスだけに限らず、ホモセクシュアル、レズビアンの方も感染している可能性はあるので注意が必要です。
セックスといえば性器を挿入する行為を思い浮かべる方が多いと思いますが、フェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスをする場合は、クラミジアが喉に感染してしまうことがあります。
ジスロマックやクラビットといった治療薬はありますが、治療するにはお金も時間もかかってしまいます。
何より症状が出た時に苦しむことになるのは自分ですから、できるだけクラミジアに感染しないように無防備なセックスを行わないようにすることが大切ですね。
そもそもクラミジアは微生物の一つであり、それ自体は危険ではありません。
しかし、動物の細胞の中に入り込むと一気に増殖し、性器や喉に痛みやかゆみ、腫れといった症状を引き起こしてしまうのです。
セックスはコミュニケーションの一つでもありますから、不特定多数の方と関係を持っているという方もいるでしょう。
自覚症状がないままに不特定多数の人とセックスをすることで、自分が感染する可能性や相手からうつされることがあるので、きちんと避妊をするよう心掛けたり、特定の方とだけセックスをするようにしましょう。